広告

AFFINGER6|Google Search Consoleを設定

AFFINGER6でGoogle Search Consoleの設定方法を解説します。

Google Search ConsoleはGoogleが開発したウェブマスターツールでサイト全体の情報を伝達することができるツールです。

こんな方におすすめ

  • AFFINGER6でサーチコンソール設定の仕方を知りたい
  • Google Search Consoleで出来ることを知りたい

今回はAFFINGER6でGoogle Search Consoleの設定手順を解説します。

Google Search Console

Googleが提供しているサイト管理者用のツールの一つである「Google Search Console」はサイト全体の情報を伝達するツールです。

Googleへインデックスを促進したりサイトの構造を伝えたりする機能のほか、ユーザーがどんな検索ワードでサイトへ訪問しているのか?ユーザーがどのくらいサイトへ訪問しているのか?を知ることができるツールです。

Google Search Consoleの機能

  • 検索結果のURLについての分析
  • URLのインデックス依頼
  • サイトのエクスペリエンス
  • 検索パフォーマンス
  • ペナルティ等の確認

上記のような情報を得る事によってサイトの運営方針が明確になってきます。

設定方法

AFFINGER6の設定方法を解説します。

設定の前にサイトに登録して「メタタグ」を取得する必要があります。

登録方法は「Google Search Consoleの登録と設定|サイトマップ登録からクロールリクエストまで!」で詳細に解説しています。

Google Search Consoleの登録と設定|サイトマップ登録からクロールリクエストまで! | OneRoom:Colon
Google Search Consoleの登録と設定|サイトマップ登録からクロールリクエストまで! | OneRoom:Colon

aki418.com

当サイトではドメインで連携させることをおすすめしています。

下記でドメイン連携方法も紹介していますので、確認してみてください。

メタタグを埋め込む

Google Search Consoleの登録が終わったらサイト左下の「設定」をクリックします。

設定

設定の画面で「所有権の確認」をクリックします。

所有権の確認

「HTMLタグ」をクリックすると『meta name〜』と言うのが表示されますので『content=“この部分の文字列”』をコピーします。

その後、Word Press内のAFFINGER 管理から「Google・広告/AMP」>「サーチコンソールHTMHタグ」にペーストし「save」します。完了後の画面はこんな感じです。

その後、サーチコンソール側もこの画面になればOKです!

AFFINGERではタグを挿入できる欄がすでに確保されているので連携自体は簡単です。

ドメインで認証

最近主流の認証方法はドメインで認証する方法です。

当サイトではこの方法を推奨しています。

これはWordPressのテーマは関係なく、サーバー側で認証させます。

Google Search Consoleでドメインプロパティを登録する手順|初心者もできるサーバー設定」で解説しています。

Google Search Consoleでドメインプロパティを登録する手順|初心者もできるサーバー設定 | OneRoom:Colon
Google Search Consoleでドメインプロパティを登録する手順|初心者もできるサーバー設定 | OneRoom:Colon

aki418.com

ドメインで認証するとアドレスを複数登録しなくてよくなります。

通常は「http」と「https」と「wwwあり」「wwwなし」の4つのアドレスをわざわざ使わないのに登録しないといけません。(登録しないとコピーサイトと判断されます)

ドメインの場合は一括で全て登録できるし、手間も大してかからないのでドメインが認証するほうがおすすめです。

主要機能紹介

Google Search Consoleには様々な機能があります。

一つずつ紹介していくと無限に時間がかかるので、主要な項目を厳選して解説します。

サイト運営では必ず使うようになる機能なので、最初は「こんな機能もあるのか」くらいに思っておけば大丈夫です。

Search Consoleの主要機能

  • 記事のインデックス
  • 被リンクのチェック
  • サイトマップの送信

最低限知っておくべき機能なので、このあたりは使えるようにしておきましょう。

記事のインデックス

Search Consoleで一番使うであろう機能「記事のインデクス」について解説します。

インデックスとは、Google検索に掲載される事を意味します。

記事がインデックスされるとGoogleの検索結果に反映され、検索順位が高いとキーワードを入れた際に検索結果に表示されるようになります。

このインデックス機能は、様々な場面で役にたちます。

基本的にインデックスはされた方がいいのでインデックスを依頼したり、記事を削除する際もインデックスを止めることができます。

記事の削除方法は「WordPressブログの記事削除のやり方。Googleインデックスから削除に関してのやる事はコレ!」からどうぞ。

WordPressブログの記事削除のやり方。Googleインデックスから削除に関してのやる事はコレ! | OneRoom:Colon
WordPressブログの記事削除のやり方。Googleインデックスから削除に関してのやる事はコレ! | OneRoom:Colon

aki418.com

インデックスされないと検索結果にも反映されないので、サイト運営の第一歩になるでしょう。

被リンクのチェック

Search Consoleの中でもかなり使用率が高いと言っても過言ではない機能「被リンクチェック」について解説しておきます。

Search Consoleには被リンクをチェックする機能があります。

やり方については「SEO対策『被リンク』をGoogleサーチコンソールを使って確認してみる。」で解説しています。

SEO対策『被リンク』をGoogleサーチコンソールを使って確認してみる。 | OneRoom:Colon
SEO対策『被リンク』をGoogleサーチコンソールを使って確認してみる。 | OneRoom:Colon

aki418.com

被リンクは検索上位を取ることにおいて重要な一つの指標になります。

サイトマップの送信

サイトマップをプラグインで作成してGoogleにサイト情報を知らせることができます。

プラグインでできることは「AFFINGER6|サイトマップ作成のおすすめプラグイン」でより詳しく解説しています。

AFFINGER6|サイトマップ作成のおすすめプラグイン - アフィンガースタジオ
AFFINGER6|サイトマップ作成のおすすめプラグイン - アフィンガースタジオ

affinger418.com

サイトマップの送信は重要なので簡単に解説しておきます。

Google Search Consoleのホーム画面からサイトマップを選択します。

サイトマップ

その後、自分のサイトのサイトマップを送信するだけです。

サイトマップのアドレスは「https://ドメイン/sitemap.xml」になります。

アドレスを入力して送信をクリックするだけでサイトマップを送信することができます。

問題なければ「成功しました」と表示されます。

サイトマップを作っていなかったり、アドレスが間違っている場合は「取得できませんでした」と表示されます。

これでサイトマップは送信することができました。

Googleのクローラーは最新のサイトマップを順次取得してくれるようになります。

追加機能

サイトがある程度成長してきたり、Googleニュースと提携させると更に追加の項目が表示されます。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスが独立して「Discover」や「Googleニュース」でのパフォーマンスが掲載されます。

これらはGoogleのサービス内でのおすすめ表記のような感じで、ユーザーに合った記事が表示される際に、カテゴリーに応じて記事を表示してもらえるようになります。

All in One SEO

AFFINGER5はGoogleツール機能がテーマに埋め込まれた形になっています。

ですが、すべてのテーマでSEO機能を搭載しているわけではありません。

AFFINGERではSEOで有名なプラグインであるAll in One SEOは必要ありません。

AFFINGERでは「All in One SEO」プラグインが必要?不要?」で詳しく解説しました。

無料テーマでは必要なことが多いので、入れている方もいると思いますが、テーマ変更をした際は削除しておきましょう。

ドメイン認証推奨

AFFINGERではテーマのみでSEO設定を完結することができます。

初心者でも簡単に設定できるので、サイト内のヘッダーにコードを埋め込むなんてことをしなくてもいいのが助かります。

ドメインプロパティの設定は一応上級者向けですが、後々のことを考えると絶対オススメですので、挑戦してみて下さい。

-設定方法
-,

PAGE TOP