広告

AFFINGER|プライバシーポリシーを固定ページで作成する

サイト運営をするにあたってプライバシーポリシーのページは必須です。

Google AdSenseの合格にも必要だと言われています。

最初の段階で設置しておきましょう!

こんな方におすすめ

  • プライバシーポリシーとは?
  • プライバシーポリシーの作り方
  • 免責事項との違い

今回はプライバシーポリシーの作り方を解説していきます。

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーは個人情報の取り扱いについて明記しているページです。

ブログやサイトではGoogleなどのサービス及びツールを使って個人情報を取り扱うことになります。

主にGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのツールは個人情報の取り扱いとなり、ツールの内部ではIPアドレスや住んでいる国、地域などを知る手段となります。

こういった個人情報をどう扱っているのか明記する義務があります

関連記事プライバシーポリシーについて

免責事項とは

免責事項とは、ウェブサイトやサービスを提供する企業や個人が、情報の正確性や完全性等、その他のリスクに関して、自身の責任を明確に限定する目的で使用され具体的で分かりやすい言葉を使い、必要な範囲でしか免責を行わないようにする文書です。

免責事項を記載していると、サービスを紹介したり商品紹介をおこなう上で提供者は、潜在的な法的責任から逃れることが期待されます。

他社製の商品を紹介して、不具合が発生したり思っていた商品と違っていても、紹介者に法的責任が課されないように最初に明記しておくものです。

関連記事免責事項とは

ページに必要な項目

プライバシーポリシーページで必要な項目を解説していきます。

プライバシーポリシー

  • 個人情報の利用目的
    • 取得した個人情報の取り扱いについて
  • 広告
    • 使用している広告ツールについて
  • アクセス解析ツール
    • Googleの解析ツールについて
  • コメント
    • 取得したIPアドレスについて
  • 著作権
    • 文章や画像について
  • リンク
    • リンク使用について

また、免責事項もプライバシーポリシーのページに一緒に含めてしまいましょう。

以前は免責事項は別のページで作っていました(今もまだ作っているサイトもあります)がプライバシーポリシーの項目に一緒に掲載しても問題ありません。

作成方法

プライバシーポリシーの実際の作成方法を解説します。

実際どのサイトも明記することは同じです。

ほとんどの運営者が雛形やテンプレートを使って作成しています。

当サイトが使っているプライバシーポリシーの雛形をペーストして作成しましょう。

「ダッシュボード」>「設定>「プライバシー」

「生成」をクリックします。

クリックすると自動で固定ページにプライバシーポリシー用のページが生成されます。

プライバシーポリシーページを赤く表示されます。

この固定ページにペーストして作成してみましょう!

サイト名やリンクに気をつけて作成してください。

掲載場所

プライバシーポリシーを作成したら設置してみましょう!

基本的には「サイトのヘッダー」と「サイトのフッター」に設置してあれば問題ありません。

「ダッシュボード」>「外観」>「メニュー」

個人的には「サイトのフッター」に掲載していれば十分だと思います。

フッターメニューに追加

フッターメニューに追加します。

プライバシーポリシーの他には「ホーム」「お問い合わせ」を入れてもいいと思いいます。

フッターメニュー

設定したら上記のようになります。

メニューの詳しい設定方法は別の記事で解説します。

メニューをまだ作成していない場合

メニューを新規で作成する必要があります。

新しいメニューを作成しましょうをクリックし、メニュー名にそれぞれのメニュー名を入力します(〇〇メニュー)。

メニュー設定にはそれぞれ作成する場所にチェックを入れます。

最後にメニューを作成をクリックすれば新規メニューを作成できます。


プライバシーポリシーはサイト運営に必ず必要なページです。

Google AdSenseの審査にも必要なので、早めに設定しておきましょう!

-設定方法
-,

PAGE TOP